スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTT東のフレッツ障害に思う

昨日、NTT東日本でフレッツシリーズやひかり電話で大規模障害が発生しました。

私の会社でも話題になりNTT東の最終報を元に原因について推測をしていたのですが、ITproにNTT東の原因報告についての記者会見の記事が掲載されていて、もう少し詳しい情報が載っていました。

記事によると、

『障害原因はフレッツ網を構成するルーターの処理能力オーバー。古いバージョンのソフトウエアを搭載するルーターが,経路の再計算処理をしきれなくなり停止した。』

とのこと。

NTT東管内には約4,000台のルータがあり、そのうち約2,000台が旧のソフトウェアで処理能力オーバを起こしたそうです。各ルータは約15,000の経路を保持しており、パッケージ故障したルータを予備系に切り替えた際、約80の経路変動が発生し、それに伴う経路の再計算処理が各ルータで走り、旧ソフトウェアを搭載したルータで次々に処理能力オーバに陥り、自律停止してしまったとのこと。

さらに、約15,000の経路を保持している状態とはいえ、書き換える経路数80と言うのは、数としては大きいとのこと。。。。
マジですか?って感じですね。。

導入前の検証等で該当ソフトウェアバージョンの問題が洗えなかったのかというところが気になります。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/414-5b92acce

フレッツ
フレッツフレッツ(FLET'S)とは、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)及び西日本電信電話株式会社(NTT西日本)が所有するIP網(地域IP網)へ、両社がアクセスを提供する回線提供サービスである。IP網へのアクセスは利用者とインターネットサービスプロバ

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。