スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の日光東照宮 その2

その1より。

東照宮のシンボル「陽明門」。
ほかの東照宮内すべての建造物でいえることですが、数多くの彫刻、細工がされていて”ただの歴史的建造物ではない”ことがヒシヒシと伝わってきます。

061103nk10.jpg 061103nk12.jpg

陽明門の柱にも、不統一、不完全があります。(五重塔の屋根も不統一でした)
柱の一本だけ、渦巻き模様が逆さまに彫られたものがあります。(右側が逆さ柱)
これは、「物事は完成した時点から崩壊が始まる」という思想に基づいて、わざと不完全にしているそうです。
これを聞いて、なるほどなぁと感動してしまいました(^^;
061103nk13.jpg 061103nk14.jpg

有名な「眠り猫」。
眠っている猫の裏側には、雀が遊ぶ彫刻があります。
眠る猫は陽だまり、すなわち「日光」を表しているという説もあるとか。。
061103nk15.jpg 061103nk16.jpg

東照宮本殿の唐門。
屋根の上には、門を守る青銅の龍が。
あまりにリアルに作られているため、逃げてしまわないように鰭(ひれ)が切られているそうです。
061103nk17.jpg

唐門にある木の彫り物。
実は透かし彫りという技術で、1枚の板をこのように彫っているそうな。
すごい技術です。
061103nk18.jpg

東照宮のあとも、「薬師堂」「二荒山神社」「大猷院」と回りましたが、見所が多くていろいろ見て回ると4時間くらいかかりました。

そのあと、いろは坂を登り(むちゃくちゃ混んでました)、中禅寺湖へ。
料理屋に入り、名物の湯葉定食を注文。
いろんな湯葉のバリエーションがあって楽しめました。
061103nk19.jpg

今回は、日帰りでしたが盛りだくさんの観光が出来ました。
今度は泊まりでゆっくり訪れたいな~。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/360-fb4501f7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。