スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の日光東照宮 その1

相方と日帰りで日光へ行ってきました。
7月に鬼怒川温泉へ行った際、東照宮やいろは坂へ行こうとしましたが、あまりの渋滞で断念したのでそのリベンジも兼ねて。。

気合を入れて5時起きで出かけたおかげで?大きな渋滞もなく、2時間半程度で到着。
まずは輪王寺にある逍遥園を見学。ここは京風の庭園で今の季節は紅葉も楽しめます。
061103nk1.jpg 061103nk2.jpg

三仏堂。名前のとおり、中には金箔で金色に輝く、高さ8.5mもある仏像が3体あります。
木造の大仏としては日本のなかで最大級だとか。
061103nk3.jpg

次は、東照宮。
鳥居をくぐってすぐにある五重塔
061103nk4.jpg

1階部分に十二支の彫り物があります。
正面には左から、虎、卯、辰。
061103nk5.jpg

この搭の見所の一つが、屋根の様式が不統一であるということ。
下から4層が和様(垂木が水平)で、5層だけが唐様(垂木が放射状)になっています。
061103nk6.jpg

もっとも有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」の彫り物。
子供のころは悪いことは「見ない、言わない、聞かない」という意味がある。
061103nk7.jpg

知りませんでしたが、猿の木彫りがあるのは神馬がいる「神厩舎(しんきゅうしゃ)」。
中には、本当に馬がいました(笑) 
061103nk8.jpg

東照宮の建物には、いろいろな動物の彫り物がありますが、変わったものの一つがこれ。
象ですがなんか変です。
象は神の乗り物とされていて、想像で作ったためヘンらしいのですが、よく考えると江戸時代に日本に象などいるはずもなく、当然といったら当然ですね。。
061103nk9.jpg

その2へ続く。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/359-33b72fff

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。