スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MPLS JAPAN 2006

MPLS JAPAN 2006へ参加しました。



今年初めての参加だったのですが、大広間が大勢の参加者で埋め尽くされていました。(ざっと200~300名くらい?)

ネットワークのバックボーンで使用される、ある一つのトランスポート層技術を扱うセミナをこれだけの人数が聞きに来るということには驚かされます。

31日のプログラムで興味深かった話は以下とおり。

■午前のテーマはLxVPN。
・MPLSを使ってレイヤ1のコネクティビティを提供するL1VPNの技術動向。GMPLSとの違いがよく分かりませんでしたが。。
・MPLSネットワーク上で、Fiber Channelを通す、FCoPWの標準化の動向。Cassiを含めみんな関心が低かったような。。
・ソフトバンクテレコムでのVPLS(L2VPN)導入の話。
・KDDIの熊木さんによるお話。Delivering MPLS Services Over L3VPN。
なかなか難しい話でしたが、単純な2547bisの話ではなく、L3VPNでVPN間のセキュリティを保ちつつ、個々にTEを動かす技術と理解しました。(違っていたらご指摘を・・)

■午後一番は、ソフトバンクグループのネットワークアーキテクチャの話。
  今、NGNが注目されていてNWのオールIP化が叫ばれているが、サービスイメージが不明確で単なる事業者都合のコストダウンが主目的ではないか?ソフトバンクは、グループ各社が持つそれぞれのリソースを「ネットワークインフラ」「サービスプラットホーム」「サービスコンテンツ」の3階層という形で整備して、「コンテキスト・アウェア・ネットワーク」の実現をしたいとのこと。

戦略的な話が主で、一番聞きたいところであった、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクBB、ソフトバンクモバイルの3大ネットワークをどのように統合していくのか?など具体的な話はあまり聞くことが出来ませんでした。

■最後は、RSVP-TE 運用の今について。
 インターネットバックボーンでのTE運用ということで2名(アジアネットコム、NTTコム)、VPNバックボーンでのTEということで、同じく2名(ソフトバンクテレコム、ソフトバンクテレコム)がそれぞれ講演をされました。

 こちらは、生の運用の話ということで参加者みんなが注目するセッションです。
各事業者のポリシーや提供サービスの違いによって、回線断による影響や帯域設計に対する考え方が違い大変興味深かったです。

以上、CassiもMPLSネットワークに携わっていますが、自社と比べて進んでいるところと逆にそうでないところが分かりとても有意義な話を聞くことが出来ました。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/357-d3630f77

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。