スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリパラ・インターフェース、「セントロニクス」から「SAS」まで

キーマンズネットのネットワーク今昔物語で「シリアル・パラレルインターフェース」についての特集記事があります。

シリアルインターフェースといえばRS-232Cですが、昔はパラレル・インターフェースも結構主流でした。プリンタ用のセントロニクス、IDE、SCSIなど。。

今は、USBをはじめIEEE1394、ワイヤレスUSB、SATA、さらにSCSIもシリアル化されて、Serial Attached SCSI(SAS)というものも出てきたようです。

特集の中では、パラレルからシリアル主流となってきた理由や、上記の各シリアルインターフェースについても技術解説がされています。

あらためて過去のパラレルから最近のシリアルの近況まで軽く網羅されていて、なかなか勉強になりました。

キーマンズネット市場を席巻!USBと新規格「SAS」
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/310-14c105c9

コメント

パラレルとか軽く
パラレルとか軽く記事などをキーマンズネットしたかった。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。