スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット版わらしべ長者

赤いペーパークリップから物々交換を始めて、なんと1年で一軒家を手に入れたアメリカの青年の記事がCNET Japanにありました。

根気強さとブログの力を持って成し遂げたということで、ネット版わらしべ長者と紹介されています。

確か子供の頃に読んだ「わらしべ長者」の絵本では、

普通の青年が、わら(+ハエ)⇒みかん⇒馬⇒一軒家

という過程で一軒家を手にしたと思います。(なんか少ない気が・・^^;)

今回のアメリカの青年も同様に、クリップから、ペン、ドアノブ、発電機、小型トラック、住宅の賃貸契約(1年間)、有名ロック歌手と午後を過ごせる権利など、14回の交換の末に目的を達成したそうです。

そして、「なるほどな」と思ったのが、その交換相手の全員が交換相手がその青年だから交換に応じたと言っていたそうです。

やはりその物が交換するに値するかどうかだけではなく、その相手がどういう人間かということが大切で、普段のビジネス(商売)でも同じ様なことが言えるような気がしました。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/261-8a9a5d69

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。