スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIGLOBEが迷惑メール対策を強化し「送信ドメイン認証」を開始

 BIGLOBEはスパムメール対策の一環として、受信サーバ側でドメイン詐称の有無が判別可能となる「送信ドメイン認証」を11月30日から開始するとのこと。

SPF

「送信ドメイン認証」は、メール送信者のメールアドレスのドメイン名と、メールサーバのIPアドレスをBIGLOBEのDNS(Domain Name System)サーバに公開し、BIGLOBEドメインのメールが、BIGLOBEメールサーバから発信されたものか受信側の他社サーバで判別可能となる。

 これにより、ドメインを詐称した迷惑メール送信の抑止につながると思われる。

 この仕組みは先日「NETWORK MAGAZINE 2005.11 「スパム防止の特効薬とは?」の雑誌レビューの中でも紹介したSPF(Sender Policy Framework)を利用したもの。

 今回のBIGLOBEの対策はあくまで送信者のドメインが正規のものかどうかの”問い合わせを受ける側の準備が整っただけ”なので、今後”問い合わせる側”のメールサーバの準備がどれだけ進むかでこの対策の有効性が決まると思われる。

(BIGLOBEニュースリリース)
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/22-f5a4ff08

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。