スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Fujitsu and Cisco」ハイエンドルータのラインナップ拡充

富士通とシスコによる共同ブランドのハイエンドルータ「Fujitsu and Cisco XR12400」シリーズが5月25日、日本国内向けに販売開始になったとのこと。

CRS-1と同様に、次世代OSである「Cisco IOS XR」を搭載しているといいます。

このXR12400シリーズのスイッチング容量は、80ギガビットから320ギガビットまでをカバーし、スロットあたり10ギガビットまで対応するようです。

このほかにも、ハイエンドルータのラインナップ強化として以下のポイントがあるようです。

■CRS-1のマルチシェルフ対応
 シングルシェルフ(スイッチング容量1.2Tbps)からマルチシェルフ対応(スイッチング容量2.56Tbps)へ。将来的には最大92Tbpsへ。

■OS「Cisco IOS XR」の機能強化
 GMPLSや、装置のハイスケーラビリティを提供するSDR(Secure Domain Router)機能に対応したとのこと。

以上により、スイッチング容量で見るラインナップは以下のようになる模様。

・~80G
 XR12400シリーズ(4スロットシャーシ)

・~120G
 XR12400シリーズ(6スロットシャーシ)

・~200G
 XR12400シリーズ(10スロットシャーシ)

・~320G
 XR12400シリーズ(16スロットシャーシ)

・~640G
 CRS-1シリーズ(8スロットシャーシモデル)

・~1.2T
 CRS-1シリーズ(16スロットシャーシモデル)

・~2.56T
 RS-1シリーズ(マルチシェルフ)

■サイトリンク
 NGNを構築する次世代ハイエンドルータを販売開始(News@Cisco)
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/195-be099f3b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。