スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iBurst、IEEE802.20基本技術の一つに採用決定

先日の記事で、iBurstがIEEE 802.20として採用ということで紹介しましたが、正式にはIEEE 802.20の基本技術の一つに決まったという段階(もう一つはQualcomm方式)で、今後問題点などを解決した後に、2006年12月を目処に正式標準規格となるようです。



iBurstの特徴については、ケータイwatchにケータイ国際フォーラムでの京セラのカンファレンスの様子が掲載されていました。

以下、引用。

iBurstの特徴として高い周波数効率があると紹介する。さらに5MHzという帯域でワイヤレスブロードバンドサービスが提供できると説明し、 10~20MHz程度を必要とするWiMAXに対する優位性をアピールする。さらに1つの基地局に多数のユーザーがアクセスした場合でも、ある一定のライ ンまでは1ユーザーあたりのスループットが低下しないという特徴も紹介する。また、オーストラリアなど4カ国で商用サービスが開始されていることも紹介 し、世界展開が進んでいることもアピールする。


上記のように、ライバルのIEEE802.16e(モバイルWiMAX)と比較してiBurstも優れている面があるようなのですが、2.5GHz帯割り当てについてはIEEE802.16eにほぼ決定のようですね。。。

この場合、iBurstはどうなってしまうのでしょうか?
新たな周波数帯の割り当てのタイミングまで、商用サービスでの日の目を見ることは無いのでしょうか。。。

■関連リンク
 京セラ、LANとWANの間を補完するiBurstをアピール(ケータイwatch)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/122-858673ba

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。