スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークがコンピュータと一体化 コンバージド・プラットフォーム出現

日経コミュニケーション 2006.3.1
 『ネットワークがコンピュータと一体化 コンバージド・プラットフォーム出現』




今回の特集は、2006.1.1号『2006年のネットワークはこうなる 大予測!通信の未来像』でも掲載されていた日本テレコムの「ULTINA On Demand Platform」に代表される、コンピュータ・リソースやアプリケーションの実行環境をネットワークと有機的に一体化した新しいサービスについて紹介しています。

日経コミュニケーションでは、このようなネットワークとコンピュータの一体型サービスを「コンバージド・プラットフォーム」と呼んでいます。記事ではこのコンバージド・プラットフォームサービスが出現した背景として、通信サービスが高速化・低価格化してきたため、通信事業者が回線サービスだけでは十分な収益を上げることができなくなったことをあげています。

ただし、そういった背景は以前からあって通信事業者はASP(Application Service Provider)やホスティングサービスも提供していますが、このコンバージド・プラットフォームはそれらをさらに発展させてネットワークとの連携を図っていることが特徴です。

そこで気になるのが、どのように通信事業者のネットワークとコンピュータが連携するのか?そしてどのような仕組みなのか?と言うところですが、それらについても紹介されています。
コンピュータからネットワークを制御する仕組みとしては、米マイクロソフトがアプリケーションから通信事業者のネットワーク機能を操作するミドルウェア群「Connected Services Framework」(CSF)を2006年1月に発売したそうです。

コ ンバージド・プラットフォームの特徴はネットワークとコンピュータの一体化だけではなく、CPUやストレージなどのリソースを仮想化して大量にネットワー ク上に保持し、ユーザ側のアプリケーションの利用状況に応じて割り当てるコンピュータ・リソースやネットワークの帯域、通信経路を自動的に調整できるとい います。

具体的なサービスイメージとして、記事の中でマイクロソフトの担当者が例を挙げて説明しています。

「例えばスケジュール・ソフトにビデオ会議を登録しておくと、そのサービスを始める時間帯に合わせてネットワークの帯域幅が変動する。遠隔地からビデオ会議を利用するために太い回線を契約しておく必要はなくなる。そのときだけ太い帯域を設定すればよい」

上記は非常にわかりやすい例だと思います。

また、コンバージド・プラットフォームを構成するシステムの相関関係についても文面だけではイメージが沸きにくいかもしれませんが記事では「コンピュータ・リソース」や「アプリケーション」、「ネットワーク・インフラ」のそれぞれの関係が図解されています。

こ のように、アプリケーションが通信事業者のネットワーク機能を制御する仕組みはSOA(Service Oriented Architecture)と呼ばれていて、米シスコシステムズもSOAと連携するため、2005年末に「SONA」(Service Oriented Network Architecture)というアーキテクチャを発表したそうです。

このSONAはまだ新しい概念なので記事中に詳しい解説はありませんでしたが、アプリケーションやミドルウェアとネットワーク機器が具体的にどのような仕組みで連携するのか今後記事で取り上げて欲しいと思います。

さらにこの特集ではコンバージド・プラットフォームについて、日本テレコム、マイクロソフト、IIJ、3社の担当者による座談会を開催し、その様子が掲載されています。
それぞれの3社がこのネットワークとコンピュータの一体化の流れをどのように考えていて、今後どのように企業ネットワークが変わっていくと考えているのかということがわかりとても参考になりましたが、一点だけ気になるところがありました。

コンピュータやネットワークのリソースをオンデマンドで利用できるこのサービスは、企業ユーザにとっては非常にメリットがあるものだと思いますが、通信事業者にとっては設備の需要予測がしづらくなるという側面があると思います。

IIJの方もその点を指摘しているのですが、日本テレコムの方は「ネットワークの使用率が40%を超えたら帯域を増やすなどのポリシーを決める」といっているのですが、それでは安全率を増やしただけで今までの回線サービスのやり方となんら変わらないような気がします。

実際のところは、このような「コンバージド・プラットフォーム」サービスはまだまだ前例が無いため、需要予測の手法など多少“未知の部分”があっても他社との差別化の為に新しいサービスを投入する必要に迫られている、というのが本音のような気がしました。

■日経コミュニケーションの詳細・購読申し込みはこちら
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/117-fa75e8d6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。