スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線の鍵がかかる携帯電話

先日、「携帯電話とBluetoothを使って通信をする腕時計」の記事で「置き忘れ防止機能が面白そう」と紹介しましたが、ちょうど日経コミュニケーションの最新号にも

「ドコモ、無線の鍵がかかる携帯投入へ」

という記事が掲載されていました。

記事によると、「携帯電話が身の回りにあるときだけ動作し、ある程度離れると自動的に操作できなくなる」という新技術をドコモが開発中とのこと。

クレジットカードやSuica定期券、電子マネーが使える「おサイフケータイ」が今後さらに普及してくると紛失のリスクが懸念されるため、なんらかのセキュリティ機能を実装する必要がありますが、特別な操作が不要なこの方式は期待できそうです。

このようなセキュリティ技術を一般的に、「SPC」(Secure Private Cosm)と呼ばれているそうです。ユーザは無線機能を内蔵した「鍵」を持ち、やはり腕時計や指輪などが考えられるようです。

この機能を実現するにあたって、具体的にどのような無線技術を利用するかまでは言及されてませんでしたが、昨日の記事からもBluetoothが有力候補かもしれませんね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://cassi.blog34.fc2.com/tb.php/105-da76432a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。