fc2ブログ

高速電力線通信(高速PLC)が動き出す

 電気のコンセントさえあればどこの部屋でもネットが使える高速電力線通信(高速Power Line Communication)が、早ければ今秋にも実用化されるらしい。

 PLCとは、100V(50/60Hz)の電力線に通信用の高周波信号を相乗りさせて、電力線で双方向の通信を行うものです。既存の電灯線・コンセントがそのまま利用できるので、新規のLAN配線工事が不要でプラグをコンセントに差し込むだけで接続でき、すぐに利用できるため家庭内の各部屋間でホームネットワークを簡単に構築することができます。

現在、国内では10~450kHzの周波数帯域を利用した最大数百kbps程度のPLCが利用できますが他の通信手段と比べ速度が見劣りするため一般家庭には普及していないのが現状です。

...続きを読む

スポンサーサイト



Template Designed by DW99

FC2アクセス解析