fc2ブログ

NWの高速切り替えを実現するBFDとは?

 BFD(Bi-directional Forwarding Detection)とは、通信経路の障害をすばやく検知して代替経路に切り替える仕組みである。

 OSPFやBGPなどのルーティングプロトコルにおいても、直接つながっていないリンクや機器のダウンを検知するために、helloやKeepaliveといったヘルスチェックの仕組みがある。ただし、スケール時のNW機器へのCPU負荷からタイマー間隔を極端に短くすることが出来ず検出までに最大数十秒かかる場合がある。

 BFDはUDPを使った簡単なキープアライブの仕組みを採用することによって1,2秒程度で切り替えが可能という。

...続きを読む

スポンサーサイト



CCIE R&S更新試験の再確認

CCIEの更新まで3ヶ月を切った。

少し前から、更新に向けて準備を始めているが更新について再確認する。

CCIE資格の有効期限は取得後2年間。更新するには取得する際の筆記試験(Written Exam)にパスする必要がある。パスすると有効期限が2年延長される。

CicsoサイトのBlueprintによると今の試験はこんなカンジらしい。

...続きを読む

Template Designed by DW99

FC2アクセス解析